忍者ブログ
毎日音楽聴いてないと生きていけません。since 2006/06/03
[949] [948] [947] [946] [945] [944] [943] [942] [941] [940] [939]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





2月27日、音楽評論家の平山雄一さんが
出版された本『弱虫のロック論』のリリースパーティーに行ってきた。

リリースパーティーと言っても、
奥田民生×アジカンのツーマンライブ!
場所は、ZeppTokyo。

この組み合わせ、最高でした。

拍手[0回]


まず民生さん弾き語り。
いつものように、椅子に座って、お酒(?)を飲みながら。
『無限の風』がすばらしかった。
この曲そんなに好みではないんだけどね。
民生さんの歌い上げる姿がかっこよかった。
他にも、『月ひとしずく』、『My Back Pages』、
『サマーヌード』(途中までベースで弾き語り)など。
笑いが絶えず楽しかった(^^)

そのあとに、アジカン。
この前のツアーのバンド編成だった。
ツアー行けなかったから、うれしかった。
特に『AとZ』が印象に残った。
ドラムとパーカッションの独特なリズムが醸し出す
不思議で荘厳な雰囲気をライブで体感できた。
すばらしかった!
欲を言えば『ランドマーク』の曲をもうちょっと聴きたかったなぁ。
ちょっと残念。

クライマックスは、やっぱりアンコールでの
アジカン+民生さんのセッション。
最高だった。
『マシマロ』をアジカンが演奏し、ゴッチが歌う。
『君という花』を民生さんがギターで弾いて歌う。
ゴッチも途中からハンドマイクで歌ってた。
そんな姿はなかなか観れないよ。
行ってよかった!


♪『マシマロ』 奥田民生




「大丈夫!」と言ってあげたいし、言われたい。
ロックという音楽は、シンプルに言うと、
ただそれだけなんじゃないかと。
だから、弱虫な僕たちはロックが大好きなんじゃないかと。
最近そんなことを考える。


弱虫のロック論 GOOD CRITIC
弱虫のロック論  GOOD CRITIC

この本、全員おみやげでもらいました!
こういうのうれしいね。

PR




この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログ内検索
バーコード
プロフィール
HN:
sei16
HP:
性別:
男性
自己紹介:
音楽好き。
毎日聴いてないとダメなんです。
Twitterやってます!
http://twitter.com/sei16


忍者ブログ [PR]