忍者ブログ
毎日音楽聴いてないと生きていけません。since 2006/06/03
[659] [658] [657] [656] [655] [654] [653] [652] [651] [650] [649]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





まだ書いてるし(^^;

これだけは書かせて。ほんとに最後。

これはネタバレじゃないよ。

拍手[1回]


やっぱりねー、こんなバンドは他にはないって。
楽曲がバラエティに富んでてね、
遊び心満載の曲あり、鳥肌が立つ感動的な曲もあり、
暗ーい曲もあり、おちゃらけてる曲も多数あり。
バリバリなギターロックあり、フォークあり、
パンクあり、シンセたっぷりな曲もあり・・・。

以下のことは以前もこのブログでは書いたことなんだけど、
最近のアーティストやバンドってね、
こういう音楽をやりたい!っていうコンセプトがあって、
それを突き詰めていってるようなのが多くて。
それがすごく真面目で。
どうかすると、同じような楽曲が多かったりすることもあるよね。

別にそれが悪いと言っているわけではなくてね、
俺もそういうのも好きでよく聴いてるわけだし。

だからねー、ユニコーンは稀有な存在だね。って改めて思った。
面白そう!とか、、楽しそう!とか思ったものを
何でも取り入れて作るって感じ。
やってみてダメでもいいじゃん!みたいな。

それにね、ドラム(川西さんね)やベース(EBIさんね)が
中央でハンドマイクで歌って、
その代わりにボーカル(民生さんね)がドラムしたり、ベースしたり。
そんなの他にないって!
阿部Bなんて、どれだけの楽器や機材を使ってるんだ!
って感じです。

なんにしても自由度高すぎです。
だけど、とても、プロとして技術高くて、素晴らしい曲ばかり。
そして、いい感じで力が抜けてて、無理をしてない。
だから、こっちも観てて楽しい。
これが今の話ではなくてね、
彼らの若かりし頃からすでにこんな感じだったからね。
それがすごいなぁと思います。


ロッキンの兵庫さんのレポートにこんなこと書いてた。
ちょっと長いけど引用。

あとひとつ。会場のほとんどが昔からのファン、あるいはファンだったけど当事はまだ小さくてライブに行けなかった人たち、あるいは解散してからファンになったので観たことのない人たちで、だから熱狂的なライブになるわけであって、それはちょっと感動的なくらい、いい光景だったんだけど、今のこのユニコーンを、何にも思い入れや予備知識のない、若いロック・ファンが観たらどう思うだろうなあ、と、ちょっと思った。
このすっとんきょうで、常識とかセオリーとかロック・シーンとかをすべてナメてて、にもかかわらず圧倒的にプロフェッショナルなおっさんたちを、今の高校生や大学生のロック・ファンに見せたいなあ。と思いました。


PR




この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログ内検索
バーコード
プロフィール
HN:
sei16
HP:
性別:
男性
自己紹介:
音楽好き。
毎日聴いてないとダメなんです。
Twitterやってます!
http://twitter.com/sei16


忍者ブログ [PR]