忍者ブログ
毎日音楽聴いてないと生きていけません。since 2006/06/03
[1030] [1029] [1028] [1027] [1026] [1025] [1024] [1023] [1022] [1021] [1020]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





アニメ版『有頂天家族』は観ましたか?

ブログで何度か書かせてもらっている森見登美彦さん
その方の小説が原作のアニメ。

拍手[0回]



狸、天狗、人間が暮らす京都の街を舞台に、
人間味溢れる阿呆な狸たちの大騒動が面白くて、
大好きな小説なんです。

ファンタジーで不思議なストーリー展開と、
独特なキャラクターたちに、時代錯誤な文体。

いつかはアニメ化されて欲しいなと心底思ってたら、
まさかテレビ地上波でアニメ化されるだなんて。
素晴らしいというか、
これを企画した人たちもまた阿呆だと思うわけで。

いま2話までが放送されて、
メインキャストはほぼ出揃った感じ。

今はまだ全然序章に過ぎないのだけど、
これからいろんな騒動が巻き起こるので、
原作を読まずに観ている人は、
これから楽しみにしておくといいよ。

1話では、
赤玉先生(天狗)、弁天(人間)、矢三郎(狸)の
腹の探り合いのようだけど先刻御承知な三角関係の話、
この前の2話では、下鴨家の母親を中心とした絆の話。

下鴨家にはいろいろ謎もあって、
父はなぜ突然に狸鍋にされてしまったのか、
なぜ次男は蛙なのか、とか、
それが明らかになっていくと、
泣いてしまうんじゃないかと。

有頂天家族 (幻冬舎文庫)
有頂天家族 (幻冬舎文庫)

いま、本屋には、表紙がアニメの画が描かれている文庫本が並んでるよ。
是非。

ちなみに、この画はね、
『行け!!南国アイスホッケー部』の作者である、
久米田康治さんが描いてる。

南国アイスホッケー部は昔サンデーで連載されてて、
もう内容は忘れてしまったけど、画は覚えている。
だから、納得。


あと、有頂天家族の2作目は執筆中らしく、
今年の秋には刊行されるとのこと。
楽しみ!
PR




この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
バーコード
プロフィール
HN:
sei16
HP:
性別:
男性
自己紹介:
音楽好き。
毎日聴いてないとダメなんです。
Twitterやってます!
http://twitter.com/sei16


忍者ブログ [PR]