忍者ブログ
毎日音楽聴いてないと生きていけません。since 2006/06/03
[912] [911] [910] [909] [908] [907] [906] [905] [904] [903] [902]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





あだち充作品が好きだ。

初めて読んだあだち作品は『タッチ』。
小学生の頃には、家の本棚にあった。
全26巻。
たしか、ほとんど揃っていたと思う。

実は、誰が買っていたのかは
はっきり覚えていないんだけどね。

拍手[0回]


こづかいが少ない子供にとっては、
全巻そろえるのは難しいから、親が買ってたのかな。

両親は結構漫画好きで、
特に父親は好きだったから、
毎週のジャンプにしても、
親公認で買っていて、
僕が買って来れないときは、
親が買いに行ってたぐらい。
(あだち充作品はサンデーだったけどね。)

中学になると、『H2』の単行本が出始めたので、
自分で買い始め、最終巻までそろえた。
いまも実家にある。

社会人になってからも、
『KATSU!』、『クロスゲーム』、『QあんどA』を
買い揃えて、全巻持ってる。

というように、
子供の頃から、今までずっとあだち作品を楽しんでいる。

何がそんなに好きかってね、
あだち充作品の登場人物たち(特に主人公)の特徴だね。
あまり多くを語らない、
会話にユーモアと絶妙な間がある、
頑張っている感を出さない、
飄々としている、
だけど、内に秘めている闘志や想いは強い。

現実としては、ストレートな言葉で
話さないと伝わらないこと、
理解しあえないこと、というのは、
往々にしてあるんだけど、
「そんなにさ、しゃべんなくたって伝わることもあんだろ?」
(なぜか、キャノンボールの歌詞)
とも思うわけですよ。

♪『キャノンボール』 中村一義




だから、たぶん、僕は、
あだち作品の影響をかなり受けていると思っている。

そういう方々はダ・ヴィンチ12月号でもどうかと。

ダ・ヴィンチ 2012年 12月号 [雑誌]
ダ・ヴィンチ 2012年 12月号 [雑誌]


でも、実際は、自分を守るために、
言わなくていいことも言っちゃったりするんだけどね。

だから、あだち作品の主人公みたいな人って、
なかなかいないよなーって思ってたんだけど、
一人いたよ。

内田篤人

彼の言動とかは前から好きだったんだけど、
好きな理由が分かった。


僕は自分が見たことしか信じない
僕は自分が見たことしか信じない


この本も読みたいと思いながら、
まだ読んでいない。
このタイトルがすごく好き。

PR




この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
バーコード
プロフィール
HN:
sei16
HP:
性別:
男性
自己紹介:
音楽好き。
毎日聴いてないとダメなんです。
Twitterやってます!
http://twitter.com/sei16


忍者ブログ [PR]