忍者ブログ
毎日音楽聴いてないと生きていけません。since 2006/06/03
[987] [986] [985] [984] [983] [982] [981] [980] [979] [978] [977]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





去年の今頃なのかな。

どこかの本屋に入って、
ぶらぶらと本棚を眺めていたら、
気になるタイトルの本があったので、
手に取ったら、その本の帯には、
『非メインストリームに生きよ』の文字。

拍手[0回]


すでに会社を辞めることは決まっていて、
まさにメインストリームから外れた人生を
行こうかなとぼんやり思っていた時に、
この言葉はぐっさりと突き刺さったわけ。
で、すぐに購入して読んだ。

その本がこれ。

のめりこみ音楽起業―孤高のインディペンデント企業、Pヴァイン創業者のメモワール (YOU GOTTA BE Series Extra)
のめりこみ音楽起業―孤高のインディペンデント企業、Pヴァイン創業者のメモワール (YOU GOTTA BE Series Extra)


Pヴァインというレコード会社を知ってるかな?

僕はこの本で初めて知ったんだけど、
日暮泰文さんという方が創業者で、
元々は、ブルース・インターアクションズという会社。
1975年設立。(もう一人、高地明さんという方と共に。)

この日暮さんはブルースが好きで好きで、
日本でブルースをもっと広めたい!
という思いから、「ザ・ブルース」という
情報誌を刊行するために興した会社。
それと同時に洋楽レーベルである『Pヴァイン』を設立。

好きなことをやろう!と決めて、
それをやってきた結果、
少しずつ少しずつ拡大していく。

そういう経緯や様々な苦労を、
ブルースの音楽を紹介しながら書かれています。

僕はブルースやブラックミュージックについての
知識はほとんどないので、
読んでいて難しいところは多々あった。

でも、それよりも、
日暮さんの仕事、というか、
生き方に対する考え方がすごくいいなと思えたので、
読んでいて楽しかった。

特に、最後の方で紹介している
日暮さんが全社員に向けて発信したメールの内容が素敵。

実はこの会社、
現在ではスペースシャワーネットワークの傘下なのです。
2007年にいわゆるM&Aにより、
経営権を譲渡するわけです。

当時会長職だった日暮さんが、
なぜそのような決断をしたのか、
その思い・経緯を全社員に伝えたいということで書いたメール。

ネタバレになるので詳細には書かないけど、
そこには、
音楽に対する愛情、
成長第一主義に対する疑念、
社員の幸せを考える思い、
そういうものに溢れていた。

こんな経営者はおそらく稀だよね。
でも、正直こんな経営者だったら、
会社を辞めようなんて思わなかったかもしれない、
と思えた。


さて、元々洋楽レーベルだったわけですが、
実は現在では、邦楽も扱っている。

在日ファンク、
トクマルシューゴ、
二階堂和美などなど。
最近だとシャムキャッツもそうだね。

♪『SUNNY』 シャムキャッツ



(この曲、モヤさまのエンディングテーマだったね。)

たからじま
たからじま


そして、bonobosは、
このPヴァインの中で、
自主レーベル「ORANGE LINE TRAXXX"」を作ってる。

意外と僕の好きなミュージシャンがいるんだよね。
それはこの本を読んだあとに気づいたのでした。
それまではレーベルやレコード会社をそんなに意識してなかったなあ。

あ、ROSE RECORDSは別だけどね。

PR




この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
バーコード
プロフィール
HN:
sei16
HP:
性別:
男性
自己紹介:
音楽好き。
毎日聴いてないとダメなんです。
Twitterやってます!
http://twitter.com/sei16


忍者ブログ [PR]