忍者ブログ
毎日音楽聴いてないと生きていけません。since 2006/06/03
[870] [869] [868] [867] [866] [865] [864] [863] [862] [861] [860]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





この前の続きになりますけど、
民藝についていろいろ知りたくなってですね、
その過程で、以下の2箇所を見学してきました。

白樺文学館
日本民藝館

ですので、ちょっとした紹介や感想などを書いておきます。

拍手[0回]


白樺文学館は、近所なので、とことこと歩いて。
その存在はうっすらと知ってたけど、
どんなところか今まで全く知らなかった。
近いのに。

そもそも、「白樺」ってのは、
柳宗悦、志賀直哉、武者小路実篤らが、
1910年に創刊した文芸誌です。
まあ、今でいう同人誌みたいなものなのかなぁ。

白樺文学館は、その文芸誌に関係する、
書物、絵画、陶器などの文芸品が展示されてます。
彼らがこの地区で生活して、語らって、
作品を創作していたことを感じることができて、
とても興味深い場所でした。


日本民藝館の方はね、
京王井の頭線の「駒場東大前駅」から徒歩5分ぐらいかな。
1936年に開設された、民藝運動の中心的な建物。
柳宗悦らが世界各地から集めた回った陶器などが
展示されています。

意外と見学者が多かったなぁ。
お年寄りから若い人、外国人の方まで。

ちょうどいま、バーナード・リーチ展が開催されてて、
彼の作品も数多く展示されていました。
小鹿田で作った作品も結構多くて、ちょっと親近感。
でもそれは、小鹿田焼のような幾何学模様的なものではなくて、
リーチっぽい、動物の画を描いたものが多かった。

この日本民藝館では、書物や陶器なども売っていて、
僕は、柳宗悦の著書「民藝とは何か」を買いました。

民藝とは何か (講談社学術文庫)
民藝とは何か (講談社学術文庫)

日本人が生活の中で普段使っている工芸品が
如何に美しいか、ということを切々と説いている本です。

明治維新後の日本に、西洋文化が大量に押し寄せてきて、
それまでの文化を片隅に追いやってしまうような
そんな危機感があったのかもしれない。
「普段の美」が理解されないことへの怒りすら感じる。
まだ全部読んでないけど、その思いがすごく伝わってきて、
こういう人もいたんだなと、とても興味深いです。

読み終わったら、また感想でも書こうかな。

では、最後に、1曲。

♪『Rollin' Rollin'』 七尾旅人×やけのはら (YouTubeより)



PR




この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
バーコード
プロフィール
HN:
sei16
HP:
性別:
男性
自己紹介:
音楽好き。
毎日聴いてないとダメなんです。
Twitterやってます!
http://twitter.com/sei16


忍者ブログ [PR]